トップ / 埋没法の失敗をやり直しするには一体

埋没法の腫れの期間

埋没法の失敗をやり直しするには一体

埋没法は失敗してもやり直せる

埋没法の失敗には、二重の形が思っていたものと違った、左右の二重の形が違うなどのといったものもあります。万が一埋没法が失敗してしまった場合、やり直してもらうことは可能なのでしょうか。

埋没法の場合、切開法のようにメスを入れて切開しているわけではないので、やり直すことは可能です。しかし、再手術を行う際には知っておきたいこともありますので、その幾つかをご紹介します。

大切な点として、埋没法で使用する糸は時間の経過と共に透明になって目立たなくなってしまうということです。再手術の際に、抜糸をしようにも医師が糸を探しにくくなってしまうのです。また、施術から数ヶ月経つと二重のラインもクセがしっかりとついてしまいます。そのため、再手術を考えている方は施術後2ヶ月以内に行うことが理想とされています。

埋没法をやっても思うような二重にならなかったという場合は、埋没法が合っていないという可能性も考える必要があります。まぶたの皮膚が厚かったり、まぶたに脂肪が多かったりすると埋没法ではきれいな二重にならないこともあるのです。気になる場合は医師に相談してみましょう。

また、再手術を行う際、同じクリニックで行わないほうが良いこともあります。自分の思うような二重にならなった場合、同じクリニックで再手術を受けても、また同じような二重になってしまう可能性が高くなります。先生との相性が合わなかったとも考えられますから、他のクリニックを探すことオススメします。

二重整形を失敗すると心身ともに受けるダメージは大きいものです。埋没法の再手術を考えている人は、以上のような点を心に留めて、再手術を望む場合はできるだけ早く、そして今度こそは希望通りの二重を作ってくれるドクターのもとへ行くようにしましょう。

Copyright © 腫れがひどいけどこれは埋没法失敗? All rights reserved