トップ / そもそも埋没法の失敗事例とは一体

埋没法の腫れの期間

そもそも埋没法の失敗事例とは一体

埋没法はどんな事例が失敗なのか

埋没法の腫れは失敗ではありません。しかし、埋没法で失敗することもあり得ます。では、そもそも埋没法の失敗にはどんな事例があるのでしょうか。

埋没法では手術時に糸を埋め込み二重を作りますが、その糸は最後に結ばなければ取れてしまいます。そのため、糸の結び目というものができてしまいます。埋没法の失敗事例として、その糸の結び目が二重のラインに膨らんで見えてしまうことがあります。結び目が見えてしまうと、周りの人には一目瞭然で整形したことがばれてしまいます。抜糸をして付け直してもらうことができますが、再度同じように膨らんで見えることもあるようです。

埋没法は糸で二重を作っているため、いずれは糸が緩んで二重のラインも取れてしまいます。どれくらい長持ちするかは手術の方法や元々の二重の持ちやすさなど、個人差があります。約半数の人は3から5年で取れてしまうようです。しかし、手術後1ヶ月程で取れてしまう場合は、手術の失敗と言えますから再度糸を付け直してもらうようにしましょう。

さらに手術後にそれまでに無かった目の疲れや肩こり、目の開きが悪くなるなどの症状が現れるようになることがあります。1、2ヶ月様子をみても改善がないようであれば、抜糸をした方が良いでしょう。このような場合、埋没法は向いていなかったということですから、他の二重術を考慮する必要があります。

ほかにも糸からバイ菌が入ってしまったり、皮脂腺が炎症を起こしたりすることで目が赤く腫れることもあります。この場合は、放置せずにすぐに病院を受診して処置をしてもらうようにしましょう。

Copyright © 腫れがひどいけどこれは埋没法失敗? All rights reserved